ありがとう、ハリー!

一条真也です。

わが家の愛犬というより、家族の一員であったハリーが、今日亡くなりました。
8歳でした。オスのイングリッシュ・コッカースパニエル犬でした。


                  ハリー君、いろいろ、ありがとう!


昨夜から姿が見えないので探し回っていたら、家の床下のさらに奥の部分に潜り込んでグッタリしていました。
家族総動員で何とか引っ張り出しましたが、様子がおかしいので、動物病院に連れて行こうとしましたが、あいにく時間が遅かったこともあり、かかりつけのお医者さんに連絡が取れませんでした。
緊急病院もたくさん当たりましたが、少し症状が落ち着いてきたので、このまま無理して移動させるよりも休息をとらせて、明日の朝一番で病院に連れて行くことにしました。
妻が心配してハリーに添い寝してやりましたが、午前4時頃から呼吸が荒くなりました。
それでも、保冷剤で冷やしたり、撫でてあげたりするうちに、寝たようなので、朝まで寝かせて、それから病院に連れて行きました。
てっきり猛暑による熱中症かと思っていたのですが、病院では腹水が溜まっていて心臓も弱っていると診断されました。注射などを打って、いったん帰宅しました。
でも、しばらくして様態が急変し、それから息を引き取りました。
ちょうど夏休みで、娘たちも家にいましたが、家族みんなで泣きました。
わたしもずっとハリーと一緒にいてあげたかったのですが、今日はサンレーグループの全国冠婚責任者会議が行われていて、そこで社長訓話をしなければならなかったので、泣きながら松柏園ホテルに向かいました。
みんなでハリーを棺に納めて、たくさん花を入れてあげました。
ハリーは、わが家の庭に咲く花が大好きだったからです。



                   花が大好きだったハリー


わたしは、いろいろと考えるところもあり、思いつめて生きている人間です。
ブログ「自由を感じるとき」に書いたように、そんなわたしが一番リラックスできるのは花をながめ、ハリーと遊んでいるときでした。
『葬式は必要!』を脱稿したときも、ハリーとフリスビーしました。
わたしは、ハリーにどれだけ慰められたかわかりません。
本当に、涙がとまりません。
でも、わたしは、死が永遠の別れではないことも知っています。
ハリーの棺が自宅を出るとき、家族全員で合掌し、見送りました。
そして、わたしは「ハリー、また会おうね!」と呼びかけました。
今度生まれ変わっても、ハリーとまた家族になりたいです。


                   ハリー、また会おうね!


ハリー、今まで、ありがとう!
君のおかげで家族のみんながたくさん元気をもらいました。
たくさん君から癒してもらいました。
本当に、本当に、ありがとう!
これからは、わが家のみんなを見守ってね。
「さよなら」は言わないよ。
だって、いつか、また会えるから。
夜は、いつも一緒に月を見上げたね。
「なんで、ウチのパパさんは月ばかり見てんの?」って、不思議な顔をしてたね。
ハリー、今夜はちょうど美しい満月だ。
君の魂も、月に着いた頃だろうか?
ハリー、いつかまた月で会おうね。そして、またフリスビーしようね!



頭ではわかっていても、やっぱり涙が出てきます。
ハリー、やっぱり君がいなくなるなんて、寂しいよ・・・・・。
君のことは絶対に、絶対に忘れないから。
月を見上げるたびに、君を思い出すから。


2010年8月25日 一条真也